メインページ

提供:Lens Encyclopedia
2009年1月27日 (火) 01:52時点におけるLens-encyclopedia (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索
Lens-encyclopedia.jpg

目次

レンズエンサイクロペディアとは

レンズエンサイクロペディアは、フィルム、デジタルを問わず写真の機材一般に関する情報を発信できるサイトです。特にオークションなどで出品されたレンズが自分の持っているボディに取り付けられるのか、このレンズを使うとこんな写真が撮れるのかということを調べられるようにしたいと考えています。

エンサイクロペディアという名前から想像される網羅的な印象とは異なり、できるだけ気軽に情報を追加、編集することのできるサイトを目指しています。ただし、現状では荒らしなどの対策が不十分なため、管理人のみが更新可能な状態になっています。記事の投稿を行ないたい方は管理人まで連絡をお願いいたします。

サイト名やURLが「lens、、、」となっておりますので、レンズのことが中心と誤解されてしまうかもしれませんが、基本的にレンズだけにこだわるのではなく、カメラボディやフィルム、ストロボ、三脚、、、と言った写真に関することならなんでもオッケーと考えています。

また、動画の撮影が可能なデジタル一眼なども発売され、一瞬を切り取る写真と動画を組み合わせた表現方法も生まれてくるものと考えられます。 写真は写真とこだわりを持っておられる方が現段階(2008年年末)ではまだまだ多いと感じていますが、写真と動画と完全に別物だと割り切るのではなく、新しい表現方法が増えたぐらいの感覚で見ておりますので、この部分ではあまり熱くならないようにお願いいたします。

カテゴリは機材の種別ごとと考えていますので、左のお品書きに含まれない機材があれば管理人にお知らせください。随時管理人側で追加するようにしますので。

各カテゴリの下にはメーカーを列挙し、そのメーカー内に各機材のページを作成するようにしたいと考えています。複数のカテゴリに属するメーカーがあるかと思いますのであいまいさを排除するため、このサイトで使用している MediaWiki の流儀に従って名前空間を使ってページを分けるようにしてください。名前空間はお品書きにリストしているカテゴリをそのまま使用します。

サンプルとして、このサイト管理人であるlens-encyclopediaが所有しているPENTAX K100Dのページを作成していますので、こんな感じで機材の紹介をしていただけると幸いです。

作例

逆光
夕焼け空と雲

作例を紹介するページは「作例」と言うカテゴリに配置するようにしてください。

約束事として、使用したカメラボディおよびレンズをタイトルに必ず入れるようにしてください。このサイトではボディとレンズの組み合わせでこんな写真が撮れたと言うことを読者の方に知ってもらうことも大きな目的としていますのでこの約束は必ず守るようにしてください。これがない作例のページを見つけた場合は管理者が通告なく削除することがありますのでご了承ください。 また、同じ組み合わせのページがすでに存在する場合は、新しく別のページを作成するのではなく、その同じページに見出しを追加して紹介するようにしてください。

他にもボディおよびレンズの各ページからも作例のページにアクセスできるようにリンクを追加していただけるとありがたいです。こちらは必須とはしていませんが、管理者の方で気がついたものは随時追加していきますので、この部分で管理者の負担を減らすためにもできるだけ作例を投稿された方がリンクを作成していただけるとありがたいです。

なお、現在のレンズエンサイクロペディアは容量の小さなサーバー上で稼動しているため、実サイズの写真をアップロードすることができません。最大でも500KB程度までのファイルしかアップロードできませんので画像比3:2のものは、480x320のサイズに、画像比4:3のものについては460x345に縮小してアップロードするようにしてください。

これ以外の方法では、他のサイトにアップロードしていただいてそちらへのリンクを行なうような形をとってください。 例えば以下のような写真サイトがあるかと思います。

サイトによっては、他のサイト向けの画像置き場としての利用は禁止しているサイトも多くあるようですので、各サイトの注意事項や規約をよく読んだ上で利用するようにしてください。

出来るだけ多くの作例を

灯り

わたしが写した作例は素人が撮ったことがまるわかりの写真となっているかと思います。カメラボディやレンズの限界性能に迫るような写真でないと紹介しづらいという向きもあるかもしれませんが、他の写真サイトのように作品としての完成度を求めることは本サイトの目的とは異なっています。

作品としての完成度以上になるたけ多くの組み合わせを紹介できればと思っておりますので、本サイト上にまだない組み合わせの作例を紹介出来る方は、ぜひとも管理人まで連絡をお願いいたします。

撮影に使用したカメラボディとレンズ、そして簡単なコメントを添えて管理人まで連絡をお願いいたします。

またご自身のブログで使用されている写真を本サイトに提供していただける方も大歓迎です。当サイトからリンクを行なわせていただいた上で、写真を使用させていただきます。こちらもぜひ管理人まで連絡をお願い申し上げます。

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。管理人への連絡等不要ですのでどんどんリンクしてやってくださいませ!

なお、「連絡等不要」と書いてはいますが、リンクしたよと言う連絡をもらえると管理人のやる気向上に大きく寄与します。めんどうでない方は管理人まで連絡いただけるとうれしいです。

管理人について

このサイトの管理人がどのような人間なのかは管理者のページを参照するようにしてください。

個人用ツール