作例:EOS Kiss Digital -- SIGMA ZOOM 100-300mm F4.5-6.7 DL

提供:Lens Encyclopedia
移動: 案内, 検索

目次

ネコジャラシ

ネコジャラシ

暗背景の逆光ネコジャラシ。

  • 1/500秒
  • F5.6
  • ISO-800
  • 300mm(480mm)

セオリー通り、1/500秒を確保するためISO感度を800まで上げての撮影です。

逆光のネコジャラシを撮ろうとして、背景が暗くなるものを選ぶとちょっと離れたものに。目いっぱいズームして300mmとなるとやっぱり1/500秒は出しておく必要があります。

さすがに等倍で見るとざらざら感はありますが、ちまたで言われているような画像の甘さと言うのを感じることはありません。レンズの概要のところで書きましたが、甘いと感じる理由の半分以上は手ブレと考えて良さそうな気がします。

色づく一葉

色づく一葉

ただの枯葉が夕日を浴びてちょっとした絵になっていました。

  • 1/400秒
  • F4.5
  • ISO-100
  • 100mm(160mm)

目で見ている分には、背景の木漏れ日ももう少し輝いて見えていたような気がするのですが、写真になるとただのがさがさな背景になってしまいましたね。

ISO感度も上げていませんし、残念ながらこのレンズは望遠レンズと言ってもボケがきれいなタイプのレンズとは言いがたいのかもしれません。

菊かな?

菊の一種でしょうか。あまり大きな花ではなかったのですが。

  • 1/320秒
  • F5.6
  • ISO-400
  • 300mm(480mm)

背景はすでに稲刈りすんですっからかんの田んぼです。

花の色と似た様な色になってしまったので、花があんまり目立たなかったですが、まぁ良いことにしておきましょう。(汗

この写真では、微妙にピントをはずしたあたりにやや「にじみ」が見られます。SIGMAのフィルム時代の10倍越えズームではこのようなにじんだような甘い印象の写真がよく見られます。このあたりのことを甘いと言っているのかもしれませんね。

先ほどはレンズのせいというよりは手ブレの影響が大きいとか書きましたが、レンズ4割、手ブレ6割と言うことにしておきましょう。

ススキ

ススキ

川面に反射した夕日の光を浴びるススキ。

  • 1/400秒
  • F4.5
  • ISO-100
  • 100mm(160mm)

EOS 10DEOS Kiss Digitalって、妙に夕景がきれいでかつ郷愁を帯びたような色合いが出てくるのが大好きだったりするわたしです。

新しい目のボディだとホワイトバランスが上手になりすぎてしまって遊ぶ余地が少ないのですけどこの時代のデジタル一眼レフっていじりがいがある写りをしてたような気がします。

どっちが良いとか悪いとかいう話ではありませんが、こんな雰囲気の写真が好きな方はちょっと古めのボディを探してみると面白いかもしれませんね。

夕陽

夕陽

なんだか太陽を写真に撮るのって久しぶり。

  • 1/2500秒
  • F5.6
  • ISO-400
  • 300mm(480mm)

撮影データを書いてて、なんでISO-400、、、と思ってしまったのは内緒の話です。

十分にきれいに撮れてますし、色も浅いと感じるようなことはありませんが、それでもちょっと恥ずかしいですね。

デジタル一眼レフになって、気軽にシャッターを押せるようになってしまったことがかえってこういう初歩的なミスを犯す原因にもなっちゃってるんですから皮肉なものです。

一期一会ならぬ一期一撮と言われますが、一枚一枚を大事に撮りたいものですね。反省!

リンク

個人用ツール