作例:EOS Kiss Digital -- Canon EF 28-90mm F4-5.6 II USM -- EXTENSION TUBE

提供:Lens Encyclopedia
移動: 案内, 検索

目次

ツツジ

ツツジのめしべ

ツツジです。

  • F4.5
  • 1/160秒
  • ISO-100
  • 50mm(80mm)

いきなりこの写真を見せられて、これがツツジのめしべだと気がつく人はそうそういないと思われます。

答えられたあなたはすでにマクロの世界にどっぷりつかってしまった人に間違いありません。(笑

背景となっている花びらと、さらにその向こう側にある緑とがきれいにボケてくれて実に美しいと感じる色ではないでしょうか。

アザミ

アザミ

ポンキッキのムックです。(冗談

  • F5
  • 1/250秒
  • ISO-100
  • 60mm(96mm)

まだ完全には開ききっていないアザミの花です。

はたから見ていた分には特に思わなかったのですが、ファインダーをのぞいたとたんに、ムックの顔が浮かびました。

たぶん、ポンキッキに登場するムックは、この花を見た誰かがつくったに違いありません。(未確認

などとしょうもないことはおいておきます。(笑

この花を撮影しながら、ピントの薄さを痛感しました。通常のマクロ撮影で花を撮るときにはしべにピントを合わせればすんなりと決まるのですが、この花のようにしべが見えない状態ではどこにピントを持ってくるかものすごく悩みます。

三脚立てて絞れと言う声が聞こえてきそうですが、外での撮影だと風に揺れる花をのんびりスローなシャッターで撮るわけにも行きませんし、絞りは開放でシャッタースピードをとにかく稼がなければなりません。そうなると先に書いた薄いピントの問題が出てきますので、悩むことになるわけです。

適当に何枚か撮っていいと感じる奴を選ぶぐらいしかわたしの場合は出来ないのですけれど。(汗

橙色の世界

橙色の世界

何やら目がチカチカしてしまうような橙色の世界です。

  • F4.5
  • 1/1000秒
  • ISO-100
  • 52mm(83mm)

撮影しているのは、キンセンカ。

キンセンカぐらい大きな花になると、花の半分を使うだけでファインダーいっぱいをはるかに超えるほど大きく撮影することが可能です。

このレンズ単体でもそれなりに接写することができますが、やはり接写リング(エクステンションチューブ)を使用したときの接写の楽しみは一味もふた味も違います。

サボテン

サボテン

あまり大きくない観賞用と思われるサボテンを接写してみました。

  • F5
  • 1/160秒
  • ISO-200
  • 62mm(99mm)

サボテンと言うと無味乾燥、色もおとなしめという印象があるかと思いますが、こうやって接写してみると実に多彩な印象にかわります。

とげが生えている部分のもこもこはどんな触感なのかちょっとさわってみたくなるような感じです。

ひとくちにとげと言っても、花の額のようになっている部分もあれば、本体とも言うべきとげがあったりと、思っている以上に面白い被写体であることに気がつかされます。

レンズ一本持ち出すかわりに、接写リング(エクステンションチューブ)一式を持ち歩いておけば、ふと「これってどうなってるの?」思ったときに未知の世界が開かれること必定です。

アブ

アブ

黄色い花に飛んできたアブです。

  • F5
  • 1/500秒
  • ISO-400
  • 66mm(106mm)

結局最後の最後まで目線をくれることなく、飛び去ってしまいました。

目の部分に花粉が付いてたり、羽のところに花粉がついてたりするのが確認できるかと思います。アブが飛んでるときにそんなものを運んでいるなんてことはまるで気がつきませんが、たしかにこういった小さな虫たちが花の受粉に役立っているのだと言うことがよくわかりますね。

小学校の頃に習ったことをこうやって写真を撮りながら実感できると言うのもなんだか不思議な気分です。

野に咲く花

名も知らぬ

あぜ道に咲いていた名も知らぬ黄色い花。

  • F5
  • 1/250秒
  • ISO-100
  • 60mm(96mm)

花びらの部分がエナメルのように妙にテカテカした黄色い花です。

花のサイズはだいたい2cmあるかないかという程度の大きさだと思います。

黄色い花びらがかなり明るかったのか、ISO感度を上げなくともだいたい手ブレしないで済むかなぁと言うシャッタースピードが出てきました。

こういう丸い形をしている被写体だとこの薄いピントの中でいったいどこに合わせれば良いのか悩んでしまいますね。

リンク

個人用ツール