作例:EOS Kiss Digital -- Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM

提供:Lens Encyclopedia
移動: 案内, 検索

目次

マリーゴールド

マリーゴールド

マリーゴールドをほぼ最短撮影可能距離まで接近して撮影しています。

  • F5.6
  • 1/640秒
  • ISO-100
  • 55mm(88mm)

さすがにマクロレンズを使ったときほどのサイズで撮影することはできませんが、マリーゴールドほどの花がここまでのサイズで撮れるのだということがわかっていただければと思います。

撮影したのは強烈な陽がさす晴れの日の真昼間。

もともとコントラストの高い状況ですが、このレンズではそれに輪をかけてコントラスト高く発色してきているようです。

高感度撮影

高感度

夕方夕立が降り始めた暗い神社。ISO感度を1600まで上げての撮影です。

  • F3.5
  • 1/50秒
  • ISO-1600
  • 18mm(29mm)

今でこそ最高感度1600と言われても驚かないかもしれませんが、この時代からISO-1600が十分実用感度であったことに驚きを隠すことができません。

撮像素子のサイズがX2などのモデルと比較してやや大きい上に、画素数を無理していないことがこの色の深さやノイズの少なさを生んだのだと思われます。

逆光

ネコジャラシ

逆光のネコジャラシです。

  • F8
  • 1/125秒
  • ISO-100
  • 55mm(88mm)

もう少し色温度の低い時間帯の方がいい感じに写るのかもしれませんが、これはこれでネコジャラシのふさふさの部分が輝いて悪くないかなと思ってたりします。

キャノンのレンズはときどき逆光構図に弱いと感じるレンズがありますが、このレンズではそのようなことはなさそうな感じです。

青空

青空と建物

ワイド端に近づくにつれて非常にコントラスト高く、青色もものすごくきれいに出てくるレンズのようです。

  • F11
  • 1/320秒
  • ISO-100
  • 21mm(34mm)

空の青色を強調するために、PLフィルタなどを使うかわりに若干露出にマイナス補正をかけて撮影しています。 実はこの写真、HDR(High Dynamic Range)合成に使用するための写真として撮影したもので、ここでは若干暗部を持ち上げてそれなりに見えるように現像してあります。

とは言えやはりこれぐらい明暗差があるところでは建物の影になっている部分は黒くつぶれてしまってます。最近のダイナミックレンジ拡張の機能などでは暗いところよりも明るいところの諧調を残すように設定されているようですので、この写真で示したような状況ではやはりHDR加工をするなどしなければならないのかなと言うところです。

ジュランタ・タカラヅカ

紫の花

ジュランタ・タカラヅカ。

  • F5.6
  • 1/200秒
  • ISO-400
  • 43mm(69mm)

夕方ですが、まわりはまだかなり明るい状態。この花があった場所は家の影に入っていたおかげでこの花のあるあたりはそれほど強い光があたっている場所ではありませんでした。

光のまわり具合もいい感じで、緑と紫が映える一枚となりました。

リンク

個人用ツール