作例:EOS Kiss Digital -- Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6 II USM

提供:Lens Encyclopedia
移動: 案内, 検索

目次

ポーチュラカ

ポーチュラカ

なんだかいつでも咲いていると感じるポーチュラカ。

  • F5.6
  • 1/250秒
  • ISO-100
  • 55mm(88mm)

昼の日中にこんな花の写真を撮ってもあまり雰囲気良く撮ることはできないような感じです。(腕の話はおいとく!)

けっこうかたいボケ方をすると感じていましたが、この写真ではちょっと背景が離れていることもあるのか、意外なほどきれいにやさしくボケてくれたようです。

ただし、テレ端でも55mmとボケ方に関しては標準クラス。100mmを超えるようなレンズと比べるともっとボケて欲しいのにと感じることが多いレンズです。

この写真でも背景の花はもう少しボケてくれても良いのかなぁと感じるところ。

センニチコウ

センニチコウ

センニチコウが大量に咲いていました。

  • F7.1
  • 1/125秒
  • ISO-100
  • 55mm(88mm)

背景の大量のセンニチコウも写しこもうとちょっと絞ってみましたが中途半端になってしまったようです。

背景との距離がありましたので、もう少し絞らないとそれなりに写ってはこなかったようです。このあたりは液晶画面で何度も確認して撮影しないといけませんね。

逆にこれぐらいボケさせるのならもっとしっかりとボケさせてしまって手前のセンニチコウを目立たせなければならなかったようです。

ケイトウ

ケイトウ

逆光のケイトウです。

  • F6.3
  • 1/80秒
  • ISO-400
  • 55mm(88mm)

ケイトウにからんだ蜘蛛の糸が逆光の光の中でうまいぐあいに写真に写りこんで来たようです。

絞り開放を使っているわけではありませんが、意外なほどに丸いボケは6枚と言うけっして多くはない絞りの羽数を考えると評価できる部分のように感じます。

また、少々暗めの場所でしたのでISO感度も400まで上げています。それでもややシャッタースピード足りてないようですがこれぐらいは許容範囲。しっかりと手も止まっているようです。

秋空

秋空

真っ青な青い空。

  • F18
  • 1/50秒
  • ISO-100
  • 18mm(29mm)

この時期は実に空が青く写るので、背面の液晶画面に映し出された色を見て「おぉ~」とか変な声が出てしまうこと多数です。

特にこのレンズのワイド端を使用したときのコントラストの高さは驚きで、こんな青が普通に出てくるのがびっくりです。

F18あたりまで絞ってくると撮像素子についたゴミが目立ってくるようでこの写真でも何ヶ所かゴミの写り込みがあったりします(探してみてください)。

この写真を現像したすぐ後にお掃除してきれいにしておきましたが。(汗

ヒガンバナ

ヒガンバナ

夕方まだ明るい時間帯ですが、すでに日陰に入ったヒガンバナ。

  • F5.6
  • 1/200秒
  • ISO-200
  • 55mm(88mm)

ちょっと暗いと感じる場所だったのでパパッとISO-200にしてしまいましたが出てるシャッタースピードをみたら十分すぎるぐらいに明るかったようです。わたしの感覚あてになりませんね。(汗

この写真はテレ端でそれなりに寄って開放を使いましたので、もっと背景がきれいにボケてくれるかと思いましたが、ちょっとごちゃごちゃした感じを消しさることができませんでした。

もうちょっと背景を選ぶ必要があった一枚かなと思います。

リンク

個人用ツール