レンズ:Canon EF-S 17-55mm F2.8 IS USM

提供:Lens Encyclopedia
移動: 案内, 検索
Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM

概要

EF-Sレンズと言うことで、35mm判換算27mm~88mmをカバーする標準ズームレンズ。

Lこそ付いていないものの、開放F値もかなり明るく、手ブレ補正も付き、USM駆動となるといかにも欲しくなるタイプのレンズではないでしょうか。

レンズキットに付属してくる18-55mmとほぼ同じ画角をサポートしていますが、レンズの見た目は同じ範囲のレンズとは思えないほどの大きな差があります。

見た目だけではなく、重量も半端ではなく、カメラと組み合わせるとかなりずっしりと重量を感じるレンズとなります。

画角的にはお散歩レンズと呼べそうな感じではありますが、実際には持ち出すのに気力が必要なタイプのレンズとなりますので、画質を選ぶか気楽さを選ぶかでこのレンズに対する評価が変わってきそうな感じです。

中古品であってもそれなりの値段で取引されているようですし、このレンズを選ぶと言うことは、APS-C判のカメラボディと心中する(?)覚悟が必要になってくるかもしれません。(冗談です)

描写

とにかくびっくりするほどの高コントラストな絵が出てくるレンズです。その上、ボケは単焦点レンズを使っているかと思うほど柔らかく優しいボケ。これがこの値段で手に入るなら安いと感じる方も多いはず。

実際、このレンズがあれば、機種は関係ありません。600万画素のEOS Kiss Digitalが、いきなり超高級機を使っているかのような働きをはじめます。

逆にKissデジタルシリーズのように発色自体が高コントラストな機種を使っていると現像の時にコントラストを落とすこともしばしば。高コントラストや解像感がレンズの全てではありませんが、それでも誰が見てもキットレンズとその差を感じることが出来るはずです。特にEF-S 18-55mm F3.5-5.6 USMあたりとは画角もほぼ同一ですし比較してしまうとかわいそうなぐらいの差が出てしまいます。

大三元やら小三元やら言われるレンズの仲間に入ることはないレンズではありますが、写りとコストの関係からするととてつもなくパフォーマンスの高いレンズと言えるでしょう。

作例

個人用ツール