カメラボディ:EOS 5D Mark II

提供:Lens Encyclopedia
移動: 案内, 検索
Canon EOS 5D Mark II

目次

概要

キャノンのハイアマチュアモデルに位置づけられる製品。

35mmフルサイズの撮像素子に2100万画素を詰め込み、その解像感は圧巻とも言えるほどです。当方600万画素のデジタル一眼を常用しており、この5D Mark IIはちょっと借りているだけの状態なのですが、出来上がった写真を見たとき、その差は等倍鑑賞せずともはっきりと感じることができるほどです。 K100Dのページで、画素数の多さが写真の美しさに直結するとは限らないなどと書きましたが、その言葉に対する自信が揺らぐほどに圧倒的な解像感を得ることが可能なボディです。

さすがにこれだけの画素数で撮影したデータを保存するためには、一枚のRAW画像で22MB~40MB程度必要とするようで、メディアとして使用するコンパクトフラッシュもそれなりに高速で大容量のものを準備しておく必要がありそうです。また、パソコンでRAW現像を行なうときにもびっくりするほどのパワーを必要とするため、この2100万画素のデータをそのままのサイズで扱うためにはパソコンシステムにもそれなりに新しいものを準備する必要がありそうです。

常用感度として6400を謳っており、その上12800や25600も非常時用として使用可能な超高感度撮影が可能となっています。

フルHDの動画撮影もでき、一眼レフのレンズを用いた動画表現も可能となりました。ウェブ上に紹介する写真を撮影する際に、動画として撮影してその中から奇跡の一瞬を選ぶということも可能かもしれません。

ハイアマチュアと言わずとも、このボディを持てるだけの資金があるなら(これが一番問題ですが)楽しい事間違いなしのカメラボディと言えそうです。

仕様等

詳細な仕様については、メーカーのウェブサイトを参照するようにしてください。

画素数

5616×3744でおおよそ2100万画素で撮影することが可能です。その解像感はまさに圧巻。これだけの画素数があると、カメラボディ内での画像処理やコンパクトフラッシュへの書き込み速度などなどすべての面で内部を高速化しなければカメラの使い勝手に影響が出てしまいそうですが、5D Mark IIではこのあたりにはまるで弱さを感じるところがありません。

RAW形式で保存すると1枚あたり22MB~40MBの処理が発生するはずですが、連写をしていてもこの部分でストレスを感じることはほとんどありません。8GBのコンパクトフラッシュと言えば、1000万画素クラスの時には十分すぎる容量だと感じていましたが、この画素数に加えて内部の処理速度の向上で、8GB程度のコンパクトフラッシュであればあっと言う間にいっぱいになるほど撮影することができてしまいます。

このボディに関しては、8Gではなく、32GBが標準容量と考えておいた方が良さそうな印象です。

メディア

保存用のメディアはキャノンのデジタル一眼の共通とも言うべきコンパクトフラッシュとなります。

画素数の項でも書きましたが、とにかく速写が可能なボディですから、メディアへの書き込みで時間がかかることのないよう、高速なコンパクトフラッシュを準備しておき、後悔しないようにしておくべきでしょう。JPEGのみでの保存となれば特に不満は出ないかもしれませんが、RAW+JPEGなどで保存を考えている場合にはUDMA対応の32GBが標準と考えておく必要がありそうです。

高感度

ISO感度は、常用6400以下、非常時用H1(12800)、誰が使うのH2(25600)と言う超高感度の撮影が可能となっています。

高感度ノイズは同じ露出なら絞りを開くほど感じにくくなる傾向がありますので、ここでは絞り開放に固定してISO感度のみを変えて撮影してみました。暗い室内での撮影ですから単純にプログラムAEモードで撮影しても勝手に絞り開放になると思い込んでいましたが、さすがにH2(ISO-25600)まで高感度になって余裕が出てきたと言うことなのでしょう。プログラムAEモードでは一段絞る設定になってしまうのです。これでは超高感度の比較にならないので、絞り固定モードでのサンプル作成となりました。

で、先ほど「誰が使うのH2」などと半分ちゃかして書きましたが、その自分の言葉をあっと言う間に撤回せざるを得ない結果がでてきてしまいました。元画像を480x320まで縮小して紹介しているこのサイトであればH2まで全領域使用可能と言って良い様に感じます。

と、言葉だけで言われても実感できないでしょうから、6400、H1、H2を使用して撮影したサンプルを以下に示します。一枚目から順に6400、H1、H2と並んでいます。

Lens-encyclopedia body 5dmk2 iso6400.jpg Lens-encyclopedia body 5dmk2 isoh1.jpg Lens-encyclopedia body 5dmk2 isoh2.jpg

たしかに色の再現性は悪くなっていますし、パソコン上で縮小前の画像を見ればノイズが乗っていることがはっきりします。とはいえ実際に使用するサイズがこれぐらいのものであるならばちょっとコントラストや彩度をいじってから縮小してやれば十分に使えるレベルであることがわかるのではないでしょうか。

この高感度性能には、これまでの写真の撮り方の常識を覆すだけのパワーがあるように感じます。このカメラを置いている店舗で実際に撮影を行なってみてぜひとも実感して欲しい高感度性能です。

このボディがあれば明るいレンズは不要になる(!?)のでボディが高いとは言ってもレンズ込みのトータルコストは他のボディと変わらなかったりして???

作例

リンク

個人用ツール